電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

虫歯治療

痛みの少ない治療も心がけています。

滝之入歯科医院のむし歯治療

画像

痛みが苦手という方はたくさんおられます。
当院では、できるだけ痛みの少ない治療を心がけております。

使用器具は治療ごとにしっかりと滅菌を行い、安心・安全な治療を常に提供しています。

当院の特徴は、歯科用CT、デジタルレントゲンの
導入をしており、正確な診断の上、より安全に治療を
受けて頂くことができます。

当患者さんのお話をよくお聞きし、納得して頂いてから
治療を行っております。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にご質問下さい。

当院のむし歯治療の特徴

「今ある歯を大切に、なるべく削らない治療」「痛みの少ない治療」
を実現するために数々の機材やテクニックを用いております。

1.歯科用CT、デジタルレントゲンを用いた正確な診断

画像

正確な診査・診断・精密な治療を行なうために、
歯科用CT、デジタルレントゲンを導入しております。

デジタルレントゲンは、少ない被爆線量で鮮明な画像が
得られます。

2.細やかなむし歯治療への取り組み

麻酔へのこだわり
画像

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。

麻酔を打つ時の痛みを緩和させるために、表面麻酔を
まんべんなく患部に塗布しています。

その他、極細の注射針を使用したり、
麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じるので、麻酔剤の加温も行っています。

人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、
何かとリスクがあります。しかし当院の注射は手動ではなく電動です。

精密な機械を用いていますから、いつでもゆっくりと正確に投与することが可能となります。

画像

う蝕検知液(カリエスチェック液)

画像

う蝕検知液とは、むし歯治療の際に使用される薬剤で、
むし歯の部分のみを赤く染めるものです。

むし歯治療を行う上で一番大切なのは細菌に感染した
歯質を完全に除去することですが
(むし歯を取り残すと二次カリエスが発生するため)、
むし歯をどこまで削るのかは目に見えませんので、
通常はむし歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、う蝕検知液を使うと、細菌に感染した取り除くべき部分が赤く染まりますので、
どこまでむし歯を削ればよいかの目安になります。

そうすることで、健全な部分を削ることなく、今ある歯を大切に、なるべく削らない治療が可能になります。

3.院長・ 滝之入は大学病院にてむし歯治療を専門としておりました

特に、小さなむし歯を見た目は天然歯と変わらないくらいキレイに
修復することが可能です。

画像

まるで自分の歯が復活したようにできます。

 

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは03-3611-1173へ

診療時間
9:00~12:30
14:30~19:00
▲ 土曜日の午後は14:30~18:00
休診日:日曜日・祝日・木曜日
ご予約・お問い合わせはこちら
歯科医院の外観
フッターオファー
© 2019 滝之入歯科医院